究極の若返り術フェイスリフト!!
竹内式ダブルスマッス(SMAS)法!!


フェイスリフト手術においては絶対的な自信があります!!-個人医師として、国内トップクラスの症例数と実績2


シワ・タルミのないあの日に戻りたい!ハリのあるキレイな肌を取り戻したい…。
あなたも劇的に若返ることができる!諦めずに竹内クリニックにご相談ください。

フェイスリフトとは頬、首、アゴのタルミなど、加齢と共に生じたお顔のシワ・タルミを外科的に引き上げることにより10歳~20歳劇的に若返る、アンチエイジング(若返り)における究極の若返り術です。近年色々な、フェイスリフトが考案されていますが、竹内式スマッス(SMAS)法の若返り効果は抜群です。


フェイスリフトでは、斜め上方にベクトルを作用させる方法が一般的に用いられている方法ですが、 重力(この場合、頬のたるみ)とはそもそも垂直方向に最も負荷がかかるものであり、縦方向のベクトルを用いて重力に対して牽引を強化することこそが最もたるんだ頬を引き上げる最大の方法(術式)と考え、当院長が竹内式ダブルスマッス法を開発致しました。 この方法は、骨膜固定式スマッス三角弁法に①側頭部におけるadvance SMAS flapによる垂直方向の引き上げ、②スレッドリフトモデファイ垂直引き上げを併用することで、世界で初めて縦方向のベクトルを最大限に強化することによりフェイスラインの上方への劇的な引き上げ効果の増強と重力の影響による後戻りの抑制(若返り効果の持続性)を最大限に引き出す事を可能とした全くオリジナルの新しい手術方法です。 また二つのスマッス弁を併用することにより、お顔の表情筋を垂直、斜め上方、水平方向に均等にベクトルを作動させ、均一な牽引が加わることにより皮膚が面として歪みがなく、均等に引き上がりバランスの良い自然なフェイスリフトを可能とした画期的な方法です。2つのスマッス弁を乳様突起の骨膜と深側頭筋膜の固い組織に固定することにより皮膚を戻りにくくし、より永続的で極めて若返り効果の高いフェイスリフトを完成させることが出来ました。 この方法なら、頬のフェイスラインや法令線のたるみなどはもちろんのこと広頸筋による首のたるみや中顔面のタルミも取り去除き劇的に改善し、永続性の優れたフェイスリフトとして医学界から非常に高い評価を受けています。 竹内式ダブルスマッス法は世界初の垂直方向のベクトルを使用した手術方法として、その功績が認められ、2011年3月発行の権威ある日本美容外科学会誌(第47巻第4号)に正式名称Takeuchi's W-SMAS(竹内式ダブルスマッス法)として認められ論文が掲載されました。 竹内式ダブルスマッス法最大の特徴は腫れや痛みが非常に少なく、一生に一度だけ手術を行われることにより、生涯にわたって若返りの持続性が得られることです。


フェイスリフトとは?

フェイスリフトとは加齢と共に生じたお顔のシワ、タルミを外科的に引き上げることにより、10歳から20歳若返る方法です。

長所

現在存在する顔のタルミ取り治療の中で、最も効果的で永続的な方法です。

短所

スレッドリフトなどに比べ、ダウンタイムが長いことです。

.

料金

(料金の詳細はTELかメールにてお問い合わせください)

  • コメカミリフト                   32万円~40万円(税抜)
  • 竹内式ミニフェイスリフト(垂直スマッス法)     44万円~55万円(税抜)
  • 額フェイスリフト                       50万円(税抜)
  • スマッス式フェイスリフト              60万円~75万円(税抜)
  • 竹内式フェイスリフト(垂直スマッス法)       72万円~90万円(税抜)
  • 竹内式ダブルスマッス法               75万円~100万円(税抜)

頬のタルミ、首のタルミが気になり来院されました。患者様は永続的な効果を希望され、フェイスリフトを行いました。

ダブルスマッス法により頬のタルミと首のタルミが劇的に改善されました。

頬のタルミが気になる来院されました。

ダブルスマッス法により 頬のフェイスラインが引き上がり、若返りました。

頬のタルミ、首のタルミが気になり、海外から来院されました。

ダブルスマッス法により 頬、首のタルミが劇的に改善されました。 髪をアップにしても、ほとんど傷跡が残らず自然です。


竹内院長が開発した顔のしわ、たるみ取り手術(フェイスリフト)が、従来法に比べ、腫れや痛みが格段に少なく、若返り効果と永続性に非常に優れた日本を代表する世界最先端手術(Takeuchi's W-SMAS  竹内式ダブルスマッス法)としてその名前が正式に認められ権威ある日本美容外科学会誌に論文として掲載されました。


竹内式ダブルスマッス(SMAS)法と一般的な
スマッス(SMAS)式フェイスリフトの違いは?

竹内式ダブルスマッス法は他院の〇〇式とは違い、日本美容外科学会誌に-正式に認められ、論文掲載された竹内院長のオリジナルの手術です

Takeuchi’s W-SMAS Method(竹内式ダブルスマッス法)と呼ばれる竹内院長の個人名が付いたフェイスリフトの術式は日本を代表する美容外科医師、形成外科医師で構成される日本美容外科学会学術審査委員会での厳正なる審査にて選ばれ、権威ある日本美容外科学会誌に、正式名称として論文掲載された画期的な方法です。
論文掲載を通じて、世界に発信され、当院長のフェイスリフトの技術力は、日本の美容外科医師や形成外科医師ばかりではなく、海外の大勢の医師からも圧倒的な支持をいただいております。
全ての患者様が結果に満足されるよう手術することが、本物のプロフェッショナルの証であると考えております。当クリニックのフェイスリフトは年々さらに改良され、患者様のニーズに叶った新しい形へと常に進化し続けております。
尚、日本最高峰の医学専門誌である日本美容外科学会誌に正式名称として開発者の個人名が掲載された手術方法は日本の美容外科の歴史においても、とても少なく、フェイスリフトにおいては当院長が日本初です。当クリニックはフェイスリフト手術においては絶対的な自信と責任をもって手術を行いますので、ご安心ください。

自然な感じで10歳から20歳、若返ります。

竹内式では、一般的なフェイスリフトの概念とは違い、一定方向(斜め上方向)の表情筋膜(SMAS)のタルミだけではなく垂直、水平、斜め上方向に表情筋膜(SMAS)を引き伸ばします。そのため、表情筋膜が均等に引き伸ばされ、表情筋にゆがみが生じず、フェイスリフトの仕上がりに不自然さが無く、持続効果や患者様の満足度が従来のフェイスリフトに比べて格段に高い究極の方法です。

竹内式では乳様突起と呼ばれる部位の固い骨膜や深側頭筋膜と呼ばれる固い部位にSMAS弁をしっかりと固定する為、頬や首のタルミを引き上げる効果と持続力が抜群になり、皮膚に余分な力がかからず、創面が安定し、傷跡がほとんど分からなくなります。一般的なSMAS式フェイスリフトとは違い耳たぶの変形(耳たぶが引っ張られるなど)の心配が一切ありません。

竹内式W-SMAS法最大特徴は一生に一度だけの手術で、生涯に-わたり、若返りの持続的効果が画期的に得られることです。

従来のフェイスリフトや切らない糸だけを使ったスレッドリフトでは、若返りの持続的効果はとても難しいようです。竹内式W-SMAS法の最大の特徴は、一生に一度だけ手術を行うことにより、生涯にわたって若返りの持続的効果が得られる画期的な方法です。従来のフェイスリフトと言えば、斜め上方にベクトルを作用させることにより頬のたるみを取り除くというものでしたが、重力(この場合、頬のたるみ)とはそもそも垂直方向に最も負荷がかかるものであり、縦方向のベクトルを最大限に用いて、重力に対して牽引を強化することこそが最もたるんだ頬を引き上げる最大の方法(術式)と考え、竹内W-SMAS法では世界で初めて側頭部SMAS弁とスレッドモデファイ垂直引き上げ法を併用することで、縦方向のベクトルを最大限に強化させ、牽引された側頭部SMAS弁をさらに周りのSMAS軟骨縫合で取り囲み癒着させることでフェイスラインの劇的な引き上げ効果と永続的な後戻りの抑制(若返り効果の持続性)を可能としました。

傷跡がほとんどわかりません。

竹内式は傷跡がほとんど分らないことが特徴です。切開線を耳の耳珠内で行いますのでお顔表面から傷跡がほとんど分らず、また一般的な切開線とは違い、うなじの生え際の切開は行いませんので、髪形をアップにさせることもできます。

安全・確実な無痛麻酔で入院の必要もありません。

竹内クリニックのフェイスリフトは、従来のスマッス式フェイスリフトとは違い、必要最小限の皮下剥離で終了します。したがって腫れも格段に少なく、ほとんど無血で施術を行うため、体への負担が非常に少なく、全身麻酔などの大掛かりな麻酔の必要がないということが特徴です。また安全な無痛麻酔を使用いたしますので、痛みの心配や入院の必要もありませんのでご安心下さい。

手術後の腫れや痛みが少なく、日常生活への復帰が早いです。

SMAS(表情筋膜)を3方向のベクトルに向かってしっかりと硬い部位(骨膜など)に固定するため、一般のSMAS式フェイスリフトのように若返り効果を出すための広範囲の皮膚剥離が必要ありませんので余分な腫れや出血、痛みがほとんどなく、ダウンタイムが極めて短く安全、安心な方法です。一般的なSMAS式フェイスリフトは約1ヶ月間、腫れが長引くのに対して、竹内式ダブルスマッス(SMAS)法は一般的に3日から4日間で大まかな腫れは引いてしまいます。もちろん入院する必要性はありません。早い人で3日間、長く見て1週間もあれば人前に出ても気付かれないことでしょう。