竹内院長は、海外では最も人気のある日本人医師のトップ3に選ばれました!!
二重まぶた埋没法では、日本で最も有名な美容外科医としてランキングされています。



二重まぶた埋没法とは切らずに極細の糸をまぶたに埋め込むことにより、二重まぶたを作る施術です。

切らずに極細の糸をまぶたに埋め込むことにより、二重まぶたを作る施術です。

長所

施術時間が短時間ですみ、メスを使わないため、腫れなどのダウンタイムが少ない方法です。万が一、元に戻したい場合でも、切開法、部分切開法など他の方法に比べて容易な方法です。 また切開しないため、抜糸の必要性はありません。

短所

切開法や部分切開法に比べ、二重のラインが薄くなったり、元に戻りやすいことです。 ただし埋没法でもしっかりとした方法で行えば、95%の方は、永久的です。 ください。竹内クリニックでは万が一取れてしまった場合でも、永久保証制度ありますのでご安心ください。

.

二重まぶた埋没法の施術料金

  • 1年保証              6万円(税抜)
  • 永久保証             8万円~10万円
  • 若返り二重まぶた埋没法      10万円~12万円


二重まぶた部分切開法とは、数ミリの切開により、腫れぼったい脂肪を除去したり、二重が取れにくくするために、眼輪筋と腱板組織を直接、糸で結び、二重の構造を強くし、戻りにくくする方法です。 まぶたが腫れぼったく、脂肪がついている方に有効です。

二重まぶた部分切開法とは

二重まぶた部分切開法とは、数ミリの切開により、腫れぼったい脂肪を除去したり、二重が取れにくくするために、眼輪筋と腱板組織を直接、糸で結び、二重の構造を強くし、戻りにくくする方法です。 まぶたが腫れぼったく、脂肪がついている方に有効です。

長所

脂肪がついた腫れぼったい目をスッキリとさせ、二重まぶたにすることが出来ます。 二重まぶた埋没法よりは取れにくく、ほぼ永久的です。小切開なので傷跡もほとんど残らない。

短所

元に戻すことが埋没法よりは難しい。 埋没法よりは腫れなどのダウンタイムが幾分長い。

.

二重まぶた部分切開法の施術料金

  • 16万円~20万円


二重まぶた切開法(全切開法)とは、まぶたが厚く、二重が取れやすい方や、以前に切開法で行った場合の修正術に用いる方法です。その方のまぶたの状態によって切開の幅を調節しながら施術を行います 施術方法は予定の二重まぶたのラインの位置で切開して、脂肪やタルミがあれば切除し、眼輪筋と腱板組織、あるいは挙 筋腱膜を結び、強固な二重まぶたの構造を作る方法です。

二重まぶた切開法(全切開法)とは、まぶたが厚く、二重が取れやすい方や以前に切開法で行った場合の修正術に用いる方法です。その方のまぶたの状態によって切開の幅を調節しながら施術を行います。 施術方法は予定の二重まぶたのラインの位置で切開して、タルミがあれば切除し、眼輪筋と腱板組織、あるいは挙筋腱膜を結び、強固な二重まぶたの構造を作る方法です。

長所

二重まぶたのタルミにも対応でき、また二重まぶたが半永久的にできる。

短所

腫れなどのダウンタイムが埋没法や部分切開法と比べて長い。ほとんど目立たなくなるが、厳密にいえば傷跡は残る。二重まぶたを元に戻すことが難しい。

.

二重まぶた切開法の施術料金

  • 20万円~25万円


二重ポイントタイトル

当クリニックは、必ず、あなたの希望に合った自然な二重まぶたを作ることをお約束いたします。当クリニックの二重まぶた埋没法は一般的に行われている埋没法とは根本的に違います。一人一人のお顔に合った二重まぶたをシュミレーションしながら、その人のまぶたの厚みや皮膚の状態、そして微妙な目や眉の動きを厳密に計算し、しかも全体のお顔のバランスに合わせて微調整を行いながら、生まれつきの二重と全く区別できないほど自然な二重まぶたを作ります。従って竹内式埋没法の開発により、すべての年齢の方がメスを一切使わず、わずか10分で切らずに、自然な二重まぶた手術をお受けになることが可能になりました。

当クリニックの最大の特徴は、二重まぶた手術直後に平行型か、末広型か、患者様の希望通りの幅になっているか、鏡で再確認いたします。万が一気に入らなければその場で微調整して希望通りの二重まぶたに仕上げます。鏡を見て患者様ご自身が納得して初めて施術は終了いたしますので、必ず希望通りのきれいな二重まぶたに仕上がります。

通常、他のクリニックでは1種類の埋没法のみを行っているのに対して、竹内クリニックでは2種類の二重まぶた埋没法をご用意いたしております。通常の二重まぶたは二重の幅(広め,狭め)や形(平行型、末広型)を作り、目をパッチリとした印象に見せることはできますが、実際には目の大きさ自体は変わってはいません。竹内クリニックで行っているもう一つの二重まぶた埋没法とは上まぶたの開眼力を良くし、目そのものを直接、大きくする方法(切らない埋没式眼瞼下垂手術)です。人は眼瞼下垂が無くとも生まれつき、目が小さな人と、大きな人がいます。目が小さいからと言って決してあきらめないでください。もともと眼瞼下垂が無くても、鏡を見て「もう1ミリ、2ミリあるいは3ミリ目が大きければ目の印象がグーンと上がるのに!」と考えていらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。一般的に行われている眼瞼下垂手術は埋没法ではなくメスを使って切る方法であり、重症の眼瞼下垂しか適応は無く、1ミリ単位の目の開きの調節は一切不可能でしたが、竹内クリニックが行っている切らない眼瞼下垂手術は、重症の眼瞼下垂の方はもちろんのこと、普通の目の大きさの方も1ミリ単位で上まぶたの開きを調節し、目を大きくすることができますので、人から見てまったく違和感がなく、輝いた素敵な目に変わることができます。なお竹内クリニックで行っている切らない眼瞼下垂手術は他のクリニックで行っている切らない眼瞼下垂手術とは、手術方法そのものが根本的に違います。他のクリニックで行っている切らない眼瞼下垂手術は一重まぶたのままで二重まぶたにはなりませんが、竹内クリニックで行っている切らない眼瞼下垂手術はあくまで二重まぶた埋没法を進化させた方法なので、きれいな二重まぶたと大きく素敵な目の両方を、同時に得ることができます。竹内院長はミリ単位で左右の目の開き方を調節できる日本でも数少ないスペシャリストの一人です。もちろんダウンタイムも、ほとんどありませんのでご安心ください。

目を閉じても誰からも手術したことが分からないほど自然な仕上がりです。竹内式埋没法の特徴は生まれつきの二重まぶたと全く同じメカニズムで二重まぶたを作るため、もちろん傷跡も残りませんし、目を閉じたときの不自然さもありません。

痛みや手術後の腫れがほとんどなく、メガネやサングラスをしなくても、そのままお帰りいただけます。当クリニックは痛みや腫れの少ない麻酔科の最高技術である神経ブロック麻酔を美容外科医として日本で始めてマスターしたクリニックです。この神経ブロック麻酔とは、他のクリニックで行われている二重まぶた手術に行われる局所麻酔量のわずか20分の1程度でほとんど一瞬にして痛みや腫れを感じずに行う最も高度な麻酔技術です。

竹内クリニックの二重まぶたには、安心の永久保証制度がついています。「他のクリニックで手術を行ったが、戻ってしまった」または「二重が元に戻るのではないか」とご心配される方もいらっしゃると思いますが、どうぞご安心ください。竹内クリニックの二重まぶたは永久的です。仮に万が一戻るようなことがあったとしても安心の永久保証制度があります。また、他のクリニックで二重まぶた手術を受けたが満足のいかなかった方も、お気軽に当クリニックへお問い合わせください。。

二重まぶたの施術について

竹内式埋没法(ナチュラルクィック法)

■手術前に自分に最もあった二重まぶたがシュミレーションできるから安心です。
■カウンセリングの際に「二重まぶた専用ブジー」という当院独自に開発した器具を用いて
 あなたに似合う二重まぶたをいくつかお見せします。その上でピッタリの形や幅を選べます。
■生まれつきの二重まぶたと全く区別がつかない程、自然に仕上がります。メスを使わず、
 極細の糸で結ぶだけの簡単手術。もちろん傷跡も残らずたった10分間、目を閉じているだけで
 あっという間に終了致します。
■手術後の腫れや痛みがほとんどない安心手術で、当日より会社 出勤OK。当院が日本で
 初めて導入した高度な麻酔技術「神経ブロック麻酔」により、痛みや手術後の腫れも驚く程無く、
 誰にも分からず自然な二重まぶたに仕上がります。
■竹内院長の美容外科歴29年、二重まぶた2万症例に及ぶ日本トップクラスの症例数と実績が
 信頼の証です。初めての方もどうぞご安心ください。当クリニック竹内院長が自信と責任を
 持って貴方のイメージに合ったキレイな二重まぶたを作ることをお約束いたします。


部分切開法

■部分切開法とは数ミリの切開により、腫れぼったい脂肪を除去したり、二重が取れにくくするために、一部眼輪筋を切除し、瞼板と皮膚真皮を直接糸で結び、二重の構造を強くし戻りにくくする方法です。
■瞼が腫れぼったく、脂肪が多くついている方に有効です。


全切開法

■全切開法とは、瞼のタルミが強い人や、以前に切開法を行った場合の修正手術あるいは瞼が厚く、
 二重が取れやすい方に用いる方法です。その方のまぶたの状態によって切開の幅を調節しながら
 施術を行います。


切らない眼瞼下垂手術(埋没式眼瞼下垂修正術)

■眼瞼下垂って何?

眼瞼下垂とは、上まぶたを開く筋肉の力が弱い(開眼力が弱い)為に上まぶたが黒目に被さっている状態を言います。目を大きくする眼瞼下垂修正術には切開して行う方法と切開せずに、まぶたの裏側のミューラー筋と呼ばれる部位を糸で結ぶだけの眼瞼下垂修正術があります。糸だけで行う簡単な手術方法を埋没式眼瞼下垂修正術と言います。

■埋没式眼瞼下垂修正術の特徴

  • 1)糸だけで切らずにまぶたの裏側からミュラー筋を結ぶだけなので傷あとが残る心配はありません。
  • 2)切らずに行うため術後の腫れや痛みがほとんどありません。
  • 3)埋没式では、微調整が可能なので眼瞼下垂と診断されなくても美容的な目的で小さな目を大きくすることが出来ます。
  • 4)手術時間は両目、約15分程度で終了いたします。特に眼帯は必要としません。

切らない眼瞼下垂手術(埋没式眼瞼下垂修正術)

埋没式眼瞼下垂修正術により、上まぶたの黒目へのかぶさりが改善され、瞳の縦幅が大きくなっています。


その他の美容整形

上まぶた・下まぶたの脂肪取り 上まぶたや下まぶたの脂肪を取ることにより、腫れぼったいまぶたや 目のクマをスッキリさせます
上まぶた・下まぶたの脂肪注入 ひどく落ち凹んだ上まぶたや下まぶたは老け顔に見えます。自分の脂肪を 注入することで若々しく変身できます。
目の周りのたるみ・シワ取り 目の周りのシワ・タルミを取ることで、より若々しい目元になります。
目頭・目尻切開 はなれた目や小さな目も目頭・目尻を引っ張ることで、アイドルのような ぱっちりした切れ長の目にすることができます。
眼瞼下垂修正 生まれつき、あるいはその他の原因でまぶたが開かない状態を眼瞼下垂と言い、 当クリニックの最高技術で元通りの目に治せます。