• HOME >
  • 目からウロコの病院選び

目からウロコ 安心できるクリニック選びのポイント

きれいになるための美容外科、実際に手術を受けたが、全然思ったとおりの結果にならなかった。 ネットやテレビで有名なクリニックだが、事実とは大違い。大手全国チェーン店だから安心と思って手術を受けたが大失敗など、 なかなか良いクリニック選びは大変なようですね。しかしきれいになるための究極の方法は美容整形であることも真実です。 また美容整形で今までのコンプレックスが解消され、ハッピーになった方がたくさんいらっしゃることも真実です。 化粧品、髪型、エステだけでは美の限界を感じている方、もっともっとキレイになりたい方、自分の大切なお顔ですから、 よーく心の目を開いて色々なホームページや情報を見比べてください。意外と簡単に自分の感性にあったお気に入りの医師が見つかるかもしれませんね。

安売り美容外科の実態。実はぼったくり。
このような美容外科クリニックが増殖中!!
トッピング商法、押し売り商法には気を付けて!!

私は宇都宮で美容外科を開院して今年で19年になりますが、美容外科で今日この頃思うことは、驚愕すべき悪質な美容外科クリニックが全国で異常に増えてきたことです。

口当たりがとてもソフトで,一見さわやか、テレビCMや週刊誌などで、有名な最大手美容外科チェーン店同士が、競い合い、安売りで患者様をおびき寄せ、トッピング商法やオプション商法などで、患者様から次々と高額料金を巻き上げる悪質な美容外科クリニックが全国規模で怒涛の如く増殖しております。

また悪質な美容外科から、次々と同じような考えを持つ医師がこのような手法をお手本として、新たに美容外科クリニックを独立開院し、チェーン店化を目指し、大都市ばかりではなく、全国の地方都市にも増加しております。

やり方は,判を押したように決まっており、ホームページの激安価格、誠実、アフターケアをキーワードに歯の浮くような誇大広告をしていますが、その実態はすべてが真逆で、安い費用で患者様をおびき寄せ、その日の内に、考える余地を与えず、高額な契約書を書かせ、暴利をむさぼる。これが悪質美容外科の常道手段です。

また施術後のアフターケアを受けようにも、少しでもクレームがあると、担当医が退職した、または不在の理由で、メンテナンスもほとんどありませんし、実際にそのような患者様が他院修正を希望され、当クリニックに大勢の方々が来院されています。これらの悪質美容外科クリニックの実態はほとんどが研修医などの練習場であり、医療トラブルがとても多く、近年、集団訴訟(現在進行中)や、死亡事故、医療事故、未熟な医療技術などで、テレビニュースや新聞報道、週刊誌などでも大きく取り上げ社会問題化しております。すでにこの事実は、ご存知の方も大変多いと思います。

また、そのような状況を受け、厚生労働省や消費庁でも目に余る美容医療(美容外科、美容皮膚科)のあり方について業を煮やし、大問題となってきており、広告規制も日増しに強くなっており、来年はもっと徹底的な美容医療にたいする法規制が検討されるとのことです。このような動きは美容医療に対しての不信感の表れと理解できます。

先日も、当クリニックに二重まぶた埋没法を受けに患者様が来院いたしまた。その患者様の話によると、当クリニックに来院する以前に、二重まぶた両目で4500円という激安の広告で売っているクリニックで二重まぶた受けようとしたが、医師から4500円手術法では腫れが極端に出るから50万円の腫れの少ない手術を受けるよう執拗に言われ、4500円の二重まぶた手術はその医師から拒否されたそうです。

広告で4500円と謳っておきながら、その手術方法は腫れるから手術しないというのは魔訶不思議なことです。極端に腫れが出る二重まぶたなら医師としてそのようなお粗末な手術方法は初めから広告宣伝すべきではありません。

そしてたたみかけるように、独自の手術法があると言って、さまざまなオプションを強要され、二重まぶた埋没法で50万円の手術を提案されましたが、あまりにも手術料金が高いため、「そんなお金はありません。」と言ったところ、「それでは今日、二重まぶたを受けるなら当院では貴方のために特別価格で29万円にするから。ぜひ、今日契約してください。こんなチャンスはめったにありません。ローンも取り扱っています。」と言って執拗に契約を迫られたそうです。 

誰もいない個室でたたみかけるように医師からもカウンセラーからも執拗に言われるため、なるほど、完全個室制とは患者様のプライベートを守るより、医師の不都合を隠すための完全個室制なのかと思ったそうです。

頭が真っ白になり、もう少しで契約しそうになったそうですが、その患者様は話の途中、冷静さを取りもどし、勇気をもって手術を断ってきたそうです。そして断った瞬間には非常に気まずい雰囲気になったそうです。

やっとの思いでそのクリニックから逃れた患者様は、そのあと、まさかそのようなことは無いと思いながら、やはり1万円以内の、格安の二重まぶた手術を受けたくて、近所の同じような値段の別の美容外科クリニックでカウンセリングをしたところ、またしても同じようなカウンセリングをされ、医師、カウンセラーから、全く同じような金額を提示されたそうです。

その後3番目に来院されたのが当院、竹内クリニックでした。二重まぶたのカウンセリングが終わった後で私は患者様から怯える様な目で、費用はいくらですかと聞かれたのが印象的でした。「費用は一年保証で6万円、永久保証で8万円ですよと言った瞬間、「そんな安い費用で本当によろしいのでしょうか?」と嬉しそうに言われ、患者様に感激されました。

そのような経験が今年に入ってこの宇都宮で、すでに50件近く経験しました。

これは極めて異常なことです。あまりの異常さ故、全国にはたくさんのまじめな美容外科クリニックもあり、美容外科はこのようなクリニックばかりではないとの思いから、コラムにこの記事を書きました。

安い値段で患者様をおびき寄せ、あの手、この手で高い値段に吊り上げる。極めて悪質です。とても医療とは思えません。50万円で手術を受けさせたいのなら、このような詐欺的商法を使わず、初めから正々堂々と、お勧め二重まぶた50万円と広告すべきではないでしょうか?

一度でも美容外科安売りチェーン店に足を運んだ経験がある患者様やそこに一度でも働いたことのある美容医療業界の方はこのコラムを読んで「本当にそうだったと。」と90%以上の方が納得されることと思われます。

またそのような営利目的のクリニックでは、二重まぶたばかりではなく、プチ整形、注射、その他のありとあらゆる美容外科のメニューにもトッピング商法、オプション商法などの押し売り商法を行っておりますので充分、ご注意ください。

竹内クリニックでは開院以来、19年、そのようなことは一切行っていませんのでどうぞご安心ください。