目と同様、口元はその方のお顔の雰囲気を現す最も大切なチャームポイントです。 「雰囲気が素敵!」「とても感じが良い!」など魅力的な女性、男性は実は口元の印象による効果がとても大きいのです。 口角が上がっていると微笑んでいるように見られ、周囲の方に安心感を与え、とても好印象です。 竹内クリニックで行う、口角挙上術はリスクのない画期的な方法です。わずか30分程度で終了する簡単な施術で、 大切なお顔には一切傷跡は残リません。また痛みや腫れもほとんどなくダウンタイムが非常に短いため、皆様から大変ご好評をいただいております。

竹内クリニックでは、患者様が随時、鏡を見ながら、左右の口角の上がり方を確認できる微調節可能な新しい口角挙上手術を開発いたしました。 この手法により、患者様の好みにより、口角挙上率(口角の上がり方)を自在に変えることが可能となりました。 また口角挙上手術は注射とは違い、基本的には永久的です。竹内クリニックで行う口角挙上手術は口腔内より行いますので、 お顔には一切傷跡は残りません。30分から40分程度の手術で、局所麻酔で簡単にできる安全、安心な手術です。 腫れや痛みも少なく、 竹内院長が診察、施術、アフターケアまで全責任をもって最高水準の口角挙上術を行いますのでご安心ください。



口角挙上術とは名の如く口角を上げる施術です。

口角挙上術口内法(手術)

長所

口内法なので、傷跡は表面には残らない。
永久的である。
口角の上げ方を調整することが出来る。

短所

手術なので、ボトックスによる口角挙上に比べてダウンタイムが長い。

ボトックス+イデバエによる口角挙上(注射)

長所

ボトックス単独の口角挙上に比べて口角挙上の効果が高い。

短所

永久的ではない。

.

口角挙上術の施術料金

  • 口内法(手術)          24万円~30万円(税抜)
  • ボトックス+イデバエ 注射         6万円(税抜)
  • ボトックス注射               5万円(税抜)
  • ヒアルロン酸注射              1万円(税抜)~

口角の下がりが気になり当クリニックに来院。 口角挙上術口内法を行う。自然な形で口角は挙上さる。


口角が下がっているのが気になり、当クリニックで口角挙上術口内法を行う。 口角の上げ方を微調整し、患者様の希望に沿った口角挙上を行う。


口角の下がりが気になり、当クリニックに来院される。 口角挙上術口内法を行なう。術後は患者様の希望通リに自然な仕上がりになりました。


下がった口角が気になり、当クリニックで口角挙上術を希望。患者様は大きな変化を希望され、口角挙上口内法を行う。


口角が下がっている為、注射による口角挙上術を希望。口角下制筋にボトックスを注入し、筋弛緩させ、口角挙筋にイデバエ(DMAE)を注入し、筋収縮を起こして、ボトックス単独治療と比べ、さらに口角挙上の効果を高めました。


「目は口ほどにものを言う」と同様に口元はその方の雰囲気を伝えるお顔の最も重要な部分の一つです。上がった口角は人に安心感や好印象を与えるのに対して、下がった口角は「怒っているみたい」「不満そう」など、本人は思っていなくても、他の人に誤解を招くケースがとても多いようですね。キュッと上がった口角は、微笑んでいるようでとても上品で初対面の人にも好印象を与えます。


口角に関するお口のまわりの表情筋についてご説明致します。 口角を上げるには、主に口角挙筋、大頬骨筋が作用し、口角を下げるいは口角下制筋が作用し、 口元(口角)の表情を作ります。



竹内クリニックではボトックスとイデバエ注射を併用したプチ口角挙上術と手術による口角挙上術の2通りの方法をご用意いたしております。

ボトックス注射とイデバエ注射の併用による口角拳上について教えて?

この方法は竹内院長が開発した方法でプチ整形では最も効果があり持続時間の長い方法です。一般的に他院で行われている方法は口角下制筋と呼ばれる部位にボトックスを打つことにより口角下制筋を弛緩させ、相対的に口角挙筋を強める作用を用いてきわめてマイルドな口角挙上を作るのに対し、竹内クリニックでは従来のボトックスの手技に加え、さらに口角挙筋、大頬骨筋にイデバエと呼ばれる筋収縮作用のある薬剤を注入することにより、さらに強力に口角を挙上する方法です。ボトックス注射単独によるマイルドな口角挙上ではもの足りない方にお勧めのプチ整形

手術による口角挙上術(口内法)について教えて?

竹内クリニックで行う口角挙上術は、まずどのくらい口角を上げるか、またどのような角度で口角を挙上するか施術前に口角挙筋と大頬骨筋の走行と表情筋による動きの相互作用を十分に確認し、口腔内で精密にデザインを起こし、お口の中よりアプローチします。口角挙筋を上げたい長さだけ左右の口角の釣合いを見ながら、糸でタッキング(筋肉を切らずに糸で短縮)し、口角の挙上の程度を微調整します。また口角挙筋と大頬骨筋のタッキングの長さを調節することにより口角の上げる角度を微調整いたします。

手術による口角挙上術(口内法)のメリット

  • 口腔内より行いますので、大切なお顔の表面に傷あとが一切残る心配はありません。
  • 表情筋の走行に沿って微調整を行いながら施術を行いますので仕上がりがとても自然です。
  • 局所麻酔で終わる簡単な施術で腫れや痛みなどのダウンタイムが少ないということです。 感覚としては歯医者さんで治療した程度の少ない腫れです。 腫れは多少、個人差はありますが、経験上2〜3日で気にならなくなる方が多いようです。
  • 両口角で施術時間は約30分程度で終了いたします。
  • 術後の煩わしい絆創膏や創部固定の必要性もありません。