ニキビは思春期以降の性ホルモン分泌に伴う皮脂の過剰分泌と、毛包漏斗部(毛を包む皮膚内側のかべ)の角化亢進が原因となり、毛穴がふさがってしまうことにより発症する皮膚疾患です。トレチノインは皮脂腺の働きを抑制し、皮脂の分泌を押さえるとともに、毛穴に詰まっている角質をはがすことによってニキビを治します。欧米では、ニキビの特効薬として、ニキビ治療の第一選択薬となっています。