大多数のしみは、基底層、すなわち表皮の一番深い層にメラニン色素が沈着しています。トレチノインは、基底層にあるメラニン色素を外に出してしまう薬効作用があるます。 つまり表皮の細胞分裂を促進させ、皮膚の再生を促すため、表皮の細胞と同時にメラニン色素を持ち上げて行き、メラニン色素を外に出してしまうのです。また、同時に漂泊作用の強いハイドロキノンを併用し、メラノサイト(メラニンを作る細胞)にメラニンを作らせなくさせます。そうする事により、しみが消え、きれいで新しい皮膚に生まれ変わることが出来ます。