フルーツ酸とは

フルーツ酸とは、アルファヒドロキシ酸の総称であり、果物に良く含まれていることから、フルーツ酸と呼ばれております。自然界に存在する酸であり、グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸、シトラス酸などがあります。通常、正常な肌は約28日間をサイクルとして基底層で生まれた表皮細胞が角質に達し、最終的には垢となってはがれ落ちてしまいますが、そのサイクルが何らかの原因により乱れると、古い角質が肌表面に蓄積され、様々な肌へのトラブルを引き起こします。(例えば毛穴を詰まらせることにより、吹き出物を誘発します。)フルーツ酸は非常にマイルドな酸であり、古い角質を取り除き、肌の活性化を促進する事により、新しくきれいな肌を作る作用があります。

トレンチノインとは?

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とは、ビタミンA(レチノール)の誘導体であり、アメリカでは、しわ、ニキビの治療医薬品としてFDAから認可されており、非常に多くの患者に使用されております。トレチノインの皮膚に対する作用は下記の通りです。
1) 角質をはがします。
2) 表皮の細胞分裂を促進し、皮膚の再生を促します。
3) 皮脂腺の働きを押さえ、皮脂分泌を抑制します。
4) 真皮においてコラーゲン分泌を高め、皮膚の張りや小じわの改善を行います。
5) 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を促進させ、肌を   みずみずしくさせます。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。