眼瞼下垂メッセージボタン

機能的も美容的にも優れた眼瞼下垂手術は竹内クリニックにお任せください3jpg

竹内クリニックの切らない眼瞼下垂手術はまぶたの開眼力が劇的に改善され、美容的にも、お顔にフィットした自然な仕上がりにすることを最大の特徴としております。 一般的なクリニックで行われている眼瞼下垂手術は上まぶたが開きすぎてビックリしたような目になる可能性もありますし、目の左右差が生じやすいようです。また手術後の腫れが強すぎてダウンタイムが長い、目が閉じにくい、傷跡が残るなど、問題点がたくさん存在します。ほとんどの形成外科、美容外科、眼科で行われている眼瞼下垂は、単に目を大きくすることが目的で、残念ながらきれいな目にしようとする美容的な配慮が感じられないケースがとても多いように思えます。単に機能面だけを考え、手術症例をたくさん手掛けているクリニックと、機能面と美容面を同時に完成させた手術症例をたくさん手掛けているクリニックでは、当然後者の方が患者様の満足度が高いことは明白です。竹内クリニックの眼瞼下垂手術は本来の目的である目の開きをよくすることに加え、患者様の望む自然な目の形を含め、美容的にも完全に患者様が満足する眼瞼下垂手術を行う事をお約束いたしますのでご安心下さい。


切らずに出来る眼瞼下垂修正術って何?

眼瞼下垂とは、上まぶたを開ける筋肉が弱い(開眼力が弱い)為に、上まぶたが瞳孔に被さっている状態を言います。 目を大きくする眼瞼下垂修正術は、切開して行う方法と切開せずに、瞼の裏側のミューラー筋および、挙筋腱膜と呼ばれる部位を糸で結ぶだけの簡単な眼瞼下垂修正術があります。切らずに糸だけで行う簡単な手術法を切らない眼瞼下垂修正術といいます。


切らない眼瞼下垂修正術(二重まぶたと同時に縦方向に目を大きくする方法)と二重まぶた埋没法の違いについて教えて?

一般的に大きな目、小さな目と区別されて言われますが、実は眼球自体の大きさや瞳(黒目の部分 虹彩部分)自体は成人になると性差、体格などほとんど個人差は ないのです。大きな目、小さな目とは、開眼力よる黒目と白眼の露出範囲の違いです。つまり目を開ける力が生まれつき強ければ、縦方向に黒目と白目が露出され目がぱっちり開きますし、目を開ける筋力が弱ければ黒目と白目の露出部が少なくなり、目が小さくなって見えるのです。この開眼力が弱い状態を眼瞼下垂と呼びます。 二重まぶた埋没法では、切らずに糸だけで二重まぶたになり、目がぱっちりした印象を与えますが、実際には、目を開ける力が変わらないため、目の露出部分は全く変化しません。それに対して竹内クリニックで行っている切らない眼瞼下垂修正術とはミューラー筋および眼瞼挙筋と呼ばれる眼を開ける筋肉を短縮しながら、同時に二重まぶたを作成します。 糸だけで切らずに、上まぶたが縦方向に大きく見開くため、瞳の露出部が増え、大きくぱっちりした印象似なることが出来るのです。腫れや痛みもほとんどな無く、翌日の仕事も差し支えありません。わずか15分で終了する簡単な手術です。男女限らず、皆誰もが憧れる様な素敵で大きな目を手に入れることの出来る手術として大変好評です。過去に他院で二重まぶた埋没法を行ったことのある方でも簡単に大きな目に変身することが出来ますのでご安心ください。