究極の若返り術フェイスリフト!!
竹内式ダブルスマッス(SMAS)法!!


フェイスリフトとは頬、首、アゴのタルミなど、加齢と共に生じたお顔のシワ・タルミを外科的に引き上げることにより10歳~20歳劇的に若返る、アンチエイジング(若返り)における究極の若返り術です。近年色々な、フェイスリフトが考案されていますが、竹内式スマッス(SMAS)法の若返り効果は抜群です。


フェイスリフトでは、斜め上方にベクトルを作用させる方法が一般的に用いられている方法ですが、 重力(この場合、頬のたるみ)とはそもそも垂直方向に最も負荷がかかるものであり、縦方向のベクトルを用いて重力に対して牽引を強化することこそが最もたるんだ頬を引き上げる最大の方法(術式)と考え、当院長が竹内式ダブルスマッス法を開発致しました。 この方法は、骨膜固定式スマッス三角弁法に①側頭部におけるadvance SMAS flapによる垂直方向の引き上げ、②スレッドリフトモデファイ垂直引き上げを併用することで、世界で初めて縦方向のベクトルを最大限に強化することによりフェイスラインの上方への劇的な引き上げ効果の増強と重力の影響による後戻りの抑制(若返り効果の持続性)を最大限に引き出す事を可能とした全くオリジナルの新しい手術方法です。 また二つのスマッス弁を併用することにより、お顔の表情筋を垂直、斜め上方、水平方向に均等にベクトルを作動させ、均一な牽引が加わることにより皮膚が面として歪みがなく、均等に引き上がりバランスの良い自然なフェイスリフトを可能とした画期的な方法です。2つのスマッス弁を乳様突起の骨膜と深側頭筋膜の固い組織に固定することにより皮膚を戻りにくくし、より永続的で極めて若返り効果の高いフェイスリフトを完成させることが出来ました。 この方法なら、頬のフェイスラインや法令線のたるみなどはもちろんのこと広頸筋による首のたるみや中顔面のタルミも取り去除き劇的に改善し、永続性の優れたフェイスリフトとして医学界から非常に高い評価を受けています。 竹内式ダブルスマッス法は世界初の垂直方向のベクトルを使用した手術方法として、その功績が認められ、2011年3月発行の権威ある日本美容外科学会誌(第47巻第4号)に正式名称Takeuchi's W-SMAS(竹内式ダブルスマッス法)として認められ論文が掲載されました。 竹内式ダブルスマッス法最大の特徴は腫れや痛みが非常に少なく、一生に一度だけ手術を行われることにより、生涯にわたって若返りの持続性が得られることです。