「目は口ほどにものを言う」と同様に口元はその方の雰囲気を伝えるお顔の最も重要な部分の一つです。上がった口角は人に安心感や好印象を与えるのに対して、下がった口角は「怒っているみたい」「不満そう」など、本人は思っていなくても、他の人に誤解を招くケースがとても多いようですね。キュッと上がった口角は、微笑んでいるようでとても上品で初対面の人にも好印象を与えます。


口角に関するお口のまわりの表情筋についてご説明致します。 口角を上げるには、主に口角挙筋、大頬骨筋が作用し、口角を下げるいは口角下制筋が作用し、 口元(口角)の表情を作ります。